ブライダルローンを使った人の体験談

聞いてみよう!ブライダルローンを使った人の体験談

近年様々なローンが販売されるようになり、目的に応じた個性的なローンの人気が急上昇中です。中でもブライダルローンは結婚式を控えた若いカップルにとっては魅力いっぱいのローンです。結婚式は一生に一度の晴れ舞台。おしゃれな会場や凝ったデザインのドレスなど妥協できないことがたくさんあります。しかし、カップルの頭を悩ませるのは結婚資金の調達です。もちろん貯金や親からの援助を受けることのできる人もいますが、みんながみんなそういうわけではありません。そんな人にとってはブライダルローンが強い味方です。ブライダルローンを利用して理想的な結婚式を挙げた女性に話を聞いてみました。

ブライダルローンで夢が叶った!

A子さんは交際して2年になる彼氏と結婚することになりましたが、A子さんには病気の母親がいてその入院費などがかかり貯金もゼロ。彼氏も自分で事業を始めたばかりで結婚式のための金銭的余裕はないということでした。最初は結婚式は将来お金が貯まったらと諦めていましたが、A子さんは友人からブライダルローンの存在を教えてもらいました。まずはインターネットで検索して、おすすめのブライダルローンをいくつかピクアップしました。そして、金利や返済方法などを確認し、自分たちに無理なく返済できる範囲で借入をすることに決めました。A子さんが選んだのは大手信販会社のブライダルローンでしたが、金利は5%前後でした。A子さんがびっくりしたのはブライダルローンで借りたお金は挙式以外にも挙式費用、新婚旅行、新居、家財、引越費用、、婚約指輪や結婚指輪を購入する資金にも充てることができるということでした。唯一、結納金には利用できませんでしたが結納金を渡す予定はなかったので全く気になりませんでした。A子さんは借入のほとんどを挙式に充てましたが、有名デザイナーのドレスやブランドの引き出物、豪華な演出などで招待客も喜んでくれたのでとても満足できました。中でも病気の母親にウェディングドレス姿を見せることができたことが嬉しかったということです。

このようにブライダルローンは自分たちの結婚式の規模に合わせて無理のない借入ができます。しかし、あくまでも結婚式とその関連費用のみに利用が可能です。また契約の際には見積書・請求書・領収書等が必要となります。ハネムーン費用にも充てることができますが新郎新婦以外の親族分の支払いなどには利用できない場合もあります。いくつか制限はありますが、ブライダルローンはいただいたご祝儀を返済に充てることができるというメリットがあります。全額とはいかないまでも半分ぐらいはご祝儀で返済してしまう人もいます。早めに返済した方が利息分を多く支払う必要がなくなるのでおすすめです。