ブライダルローンの返済

ブライダルローンの返済方法!こうすればスムーズに完済できる!

結婚式の費用の詳細は実際に自分が結婚式を行う立場になってみないとわからないものです。結婚式の費用が工面できず悩んでいる人にはブライダルローンをおすすめします。多くの金融機関がブライダルローンを取り扱っていますが、金利や特徴が異なりますのでネットの総合サイトで口コミやランキングを参考に自分に合ったローンを探すといいでしょう。一般的に銀行などの金融機関が扱うブライダルローンは金利が8%以下のものが多く魅力的ですが、審査基準が厳しく、年収が一定金額以上ないと審査がおりないということも多くあります。そんな人はキャッシング会社のフリーローンなどを利用するのがいいかもしれません。若干金利は高くなるものの、以前のような高金利というのはなくなり、いろいろな面で手軽で便利になりました。

ローンを組む際の最大の心配事は返済です。毎月の返済額や返済方法がよくわからず借入を迷っている人も少なくありません。毎月の返済額は金利や借入額、返済期間によって決まりますが、自分に無理のない範囲で相談にのってくれるところが多いでしょう。返済額の大体の目安を知りたい人はローン会社のホームページにある返済シュミレーションなどを活用してみると具体的な数字を知ることができます。借入前に綿密な返済計画を立てることでスムーズに完済できると思います。

ローンの返済方法で気を付けてほしいのはリボ払いです。クレジットカードのキャッシング枠を利用する際にリボ払いを勧められることが多いのですが、リボ払いは分割払いとは違います。たとえば毎月の返済額を1万円と決めた場合、どれだけカードを使っても毎月1万円以上返済する必要はありません。一見お金の管理がしやすいように思われがちですが、実際には借入が増えた場合に毎月1万円では利息分、あるいはそれ以下しか返済せできていないので返済総額は全く減らないのです。これではいつまでたっても完済できませんし、実際に今自分がいくら借入していてそのうちいくらが利息なのかということもわからなくなってきます。

引き落としはこんなに便利!

次に気になる返済方法ですが、現在の返済方法の主流は口座引き落としです。給料が振り込まれる口座を指定しておけば自動的に返済されるので忙しくて返済日を忘れるなどのトラブルを回避することができます。またわざわざ振込をする手間などが省けます。もちろんネットバンキングやATM返済などもできますし、機械に疎い高齢者は窓口での返済も可能です。

一番気を付けてほしいのが延滞です。返済日に返済を忘れると担当者から連絡があります。おそらく2,3日以内に再度口座引き落としをしますので残高を確認しておいてくださいと言われます。あるいは指定口座への入金を支持されます。もし指定された期日までにお金が用意できそうもなければ正直にそのことを打ち明け返済計画の見直しを相談しましょう。ローン会社からの連絡を避けたり、嘘をついたりすると信用問題に発展し、クレジット事故として記録されてしまいます。この記録は完済後5年程度残り、その間は新たな借入やクレジットカードを作ることが難しくなります。