ブライダルローンをご祝儀で返済する

ブライダルローンの返済方法!ずばりご祝儀を返済に充てる!

最近人気のブライダルローンですが、ブライダルローンには様々なメリットがあります。最大のメリットはブライダルローンは挙式や新婚旅行だけではなく、新居の引っ越し費用、敷金、礼金、家財道具、結婚指輪の購入費用にも利用できるという点です。挙式や新婚旅行は高額ということはわかっていても、結婚後の新生活のことまで頭がまわらない人が案外多いのです。結婚資金を貯金してきたつもりでも実際には全然足りなかったという人の多くがブライダルローンを利用しています。法律が改正されてからはブライダルローンの金利も低くなり、利用しやすくなりました。目的を制限したローンではありますが、結婚関連の出費には強い味方です。

もう一つのメリットといえば返済です。結婚式にはご祝儀がつきもの。このご祝儀を返済に充てることで借入額の3割程度返済することができたという人もいます。ご祝儀の他にもお祝い金などの名目で現金をいただくことの多いのが結婚式。ローンを組めば必ず利息を支払わなければなりませんので、早期の返済によりできるだけ利息の支払いを少なくするのはいいことです。

ご祝儀を返済に充てて早期完済を目指そう!

たとえば200万円の結婚式を挙げるための資金調達ですが、50万円を貯金から、30万円を親の援助、残りの120万円を借入します。招待客50人の結婚式としても余裕で100万円以上のご祝儀が集まるわけです。結婚式をどれくらい盛大に行うかによって挙式や披露宴にかかる費用は変わってきますが、計画性を持って身分相応の式を行うことが理想です。あまり資金がなければ削れるところは削り、手作りなど自分たちで手を加えることで心のこもったアットホームな結婚式にすることが可能です。C美さんの例をみてみましょう。

C美さんの挙式、披露宴は都内の有名な式場で行われましたが、当日が大安ではなかったこと、披露宴会場が小さめだったこと、決断が早かったことなどで2割以上割安で式場を確保することができました。司会者などは立てず新郎新婦がお互いの経歴を紹介しあったり、映像を流したりなどの演出は行いませんでした。ウェディングドレスもウェディングプランに含まれる範囲内で選びましたが満足のいくものでした。テーブルの上の花を減らしたり、リングクッションや出口で渡すプチギフトなどはC美さんの妹が手作りしました。式で使用するCDも新郎が自分で作成しました。このように節約した挙式でしたが親せきや友人には大好評だったということです。

挙式、披露宴の費用をカットし、ご祝儀を利用して返済することで結婚後の負担をできるだけ軽くするのはいいことだと思います。いくら結婚式を豪華にしても新婚生活が経済的に厳しいというのはなんだか惨めなものです。なるべく毎月の返済額を減らせるように借入額を少なめにし、ご祝儀やボーナスを利用して早めに完済するようにしましょう。