ローン審査における年収について

ローン審査のチェックポイントを解析!年収はやっぱり最重要?

最近流行りのキャッシングやローン。以前に比べて安全で便利なものになり、利用者人口も増えましたがまだまだ二の足を踏んでしまう人も少なくないはず。でも本当にお金が必要になったときにはそうも言っていられないのではないしょうか。たとえば引っ越しや出産、そして、一番大切なのが結婚式です。結婚式は自分だけのためではなく、自分の家族や友人、相手の家族や友人を招く大切な場面。そんな大切なイベントに際してお金がなくて後悔の残る挙式になってしまったら大変。そんなときに頼れるのがブライダルローンやフリーローンなのです。

借入を躊躇してしまう最大の理由はやはり審査に落ちるのではないかという不安です。審査に自信のない人は審査で何をチェックするのか。どんなことが重要なのか確認してみましょう。審査基準というのは金融機関によって異なりますが、一番大切なのはやはり年収です。銀行やノンバンク系などいろいろな会社がありますが、決してボランティアではありません。貸したお金とその利息を回収できる見込みのある相手にしかお金を貸しません。返済見込みのある相手かどうか判断する最も重要なポイントが年収なのです。

借り入れは年収の1/3まで!

多くの金融機関が各種ローンを扱っていてそれぞれ条件が異なります。しかし、一概に言えるのは条件のいいローンほど審査が厳しいということです。低金利で借入のできるローンは誰でも利用できるわけではなく、条件をクリアできた人にしか利用できません。それは年収の高い人です。公務員や大手企業の社員、そして、勤続年数が長い人ほど勤勉とみなされ審査にも有利です。一方でノンバンク系の高金利の貸し付けになると審査は通りやすくなります。大多数の人に貸付を行うわけですから万が一未回収が出ても損害が大きくならないように金利が高く設定されているのです。ノンバンク系の審査でももちろん年収は大切ですが、年収が低くてもきちんと安定した仕事についていれば借入は十分可能です。ただし、どんなに年収が高くても支払い中のローンがあったり、過去のクレジット事故があると審査をクリアするのは厳しくなります。

大手銀行のローンの場合、必ず年収を証明する所得証明や源泉徴収票の提出が求められますが、ノンバンク系の少額ローンですと書類の提出は不要です。煩わしい手続きもなく、その日のうちに借入できるケースが殆どです。ただし、現在の法律では年収の3割までしか借入できませんので、年収に応じて借入限度額が設定されます。このようにローンが組めるかどうかも年収次第ですし、借入金額も年収によって決定されます。