学生でもブライダルローンが組めるか

学生結婚を夢見るあなたへ!学生でも融資を受けることができる?!

最近は晩婚化と言われていますが、中には学生のうちに結婚するカップルもいます。大学や大学院で出会って結婚するケースも少なくないそうです。若いうちに結婚して所帯を持つことは悪いことではないと思うのですが、やはり気になるのはお金のことです。結婚にはお金がかかります。挙式、披露宴、新居の引っ越しや敷金礼金、婚約指輪や結婚指輪、地域によっては結納金なども必要になります。学生のうちからアルバイトをしている人も少なくありませんが、学生のアルバイトでは貯金まで手が回らないのが現実です。では、結婚資金はどのようにして用意したらいいのでしょうか。

若いカップルでしたら親からの援助もあると思いますが、できれば親に迷惑をかけず自分たちでどうにかしたいというのが本音だと思います。そんなときの強い味方が銀行や信販会社、ノンバンクのキャッシング会社からの融資です。中にはブライダルローンという結婚資金専門の融資もあり、金利が低いのが魅力ですが、年収が300万円以上ないと融資を受けるのは難しいでしょう。学生ではまだ定職にもついていませんから審査をクリアできません。

学生でも条件次第で借入OK!

一方でキャッシング会社などの目的を制限しないローンを利用して結婚式を挙げるのはどうでしょうか。もちろんキャッシングにも審査はあります。しかし、キャッシング会社の審査ではアルバイトやパートでも毎月決まった収入があれば借入できる場合もあります。学生結婚をするカップルの場合、結婚するのですからこれからは自分たちの生活費は自分たちで支払わなければなりません。ですので、学業とアルバイトをきちんと両立させている人が多いのです。そのため審査にも通りやすく、借入は十分に可能です。ただし、法律で借入は年収の1/3までと制限されていますので高額な借入はできません。学生である自分たちに相応しい豪華すぎない結婚式を挙げるようにしましょう。無理な借入をしてしまうと毎月の返済額が多くなり、今後の生活が厳しいものになってしまいます。

前述のとおり学生でもアルバイトなどで収入があれば借入できますが、未成年の場合融資を受けるのは難しいです。未成年は判断能力、責任能力がなく、親が保証人になる場合に限り借入が可能な会社もあります。結婚式の費用ということで親が保証人になることを承諾してくれるかもしれませんが、このような無理な借入はあまりおすすめできません。結婚式を少し先延ばしにし、学校を卒業してきちんと就職してから挙式を行うのはどうでしょうか。学生であるのならまずは学業を最優先に考える方がいいかもしれません。