事故にあったらローンはどうなるか

不慮の事故で働けなくなった!ローンの返済はどうなっちゃう?

結婚して家庭を持つといろいろな場面でお金が必要になります。ブライダルローンから始まり、車のローンや住宅ローンまで一家の主となるのは大変なことです。とくにマイホームの購入は決して安い買い物ではありません。返済金額も大きいですし、返済期間も最長で35年になります。35年というのは人生の約1/3に近い年数です。その間、人生に何が起こるのか全く予測できません。いいことばかりではなく、事故や病気などの不幸に見舞われるかもしれません。もしも住宅ローンの返済中に事故にあい、働けなくなったらローンの返済はどうなるのでしょうか。

ローンの返済中に事故にあい働けなくなったら家を失い、家族が路頭に迷うことになるのではないかと心配する人もいるでしょう。そんなときに備えて加入するのが団体信用生命保険です。住宅ローンを組んだことのない人にとっては初めて聞く言葉かもしれませんが、団体信用生命保険とは住宅ローンを契約する際に加入が義務付けらている保険です。団体保険のため保険料は安いですし、年齢による保険料の違いなどもありません。この保険に加入することで返済中に事故にあい、重度の障害や後遺症が残ることになっても残りのローンは保険によって支払われます。

もしものための団体信用生命保険

団体信用生命保険は基本的には金融機関が契約者の死亡や事故、病気によりローンの未回収を防ぐためにあります。保険料は金利に含まれますが、あくまでも契約者は銀行側です。しかし、団体信用生命保険に加入するためには審査があり、持病などがあると加入を断られるケースも珍しくありません。過去の大病、現在治療中の病気や常用中の薬なども申告する義務があります。団体信用生命保険に加入できなれけば住宅ローンは組めないのかという質問ですが、フラット35などの公的な住宅ローンの中には保険を必要としない商品もありますので安心してください。

ただし、団体信用生命保険により支払いを受けることができるのは高度障害状態と認定された場合のみです。この認定はとても厳しく契約書を確認するとわかるように両目の視力や四肢を永久に失った場合などと記載されています。たとえば事故にあった直後はまだ後遺症などが断定できないためにすぐに保険金を受け取ることはできません。また高度障害状態になったことを国から認定される障害者手帳なども必要となります。軽度の事故で一定期間働けないなどの状態に陥ったときのために別の保険への加入を検討するのもいいかもしれません。保険の中には病気や事故で就業できない期間の収入をカバーしてくれるものもありますのでチェックしてみてください。