ブライダルローンで結納金を支払えるか

結納金はどうする?ブライダルローンの活用術

結婚するために必要な費用はどれくらいかご存じですか。実際に結婚する立場になってみて初めてその金額に驚く人もいるようです。結婚式の費用はぴんからきりまでです。地方の大都市では挙式にかかる費用は数百万が当たり前というところもありますが、都市部では地味婚が流行りです。親に援助してもらったり、貯金を崩したりしてどうにか結婚資金を捻出している人も多くいますが、結婚に必要なお金って実は結婚式や披露宴だけではないんです。

結婚式と並んで優先順位が高い新婚旅行。世界一周できたら最高ですが、そんな資金も時間もありません。いいところハワイあたりで、資金不足であれば国内旅行になってしまう場合もあります。また結婚すると今まで別々に暮らしていた二人が一緒に住むわけですから新居が必要になります。通常、結婚後の住まいは子供ができたときのことも考えて2LDK以上の広めの住宅を探します。広ければその分家賃も高くなりますし、それにともなって敷金、礼金も増えます。ダブルベッドやその他の家財道具もあった方がいいでしょう。その他にも結婚指輪を女性にプレゼントするのが習慣になっていますが、その金額は月収のおよそ3倍が理想です。月収が25万円なら指輪は約75万円となります。

結納金の相場は?

もうひとつ忘れがちなのが結納金です。最近では結納金を渡さないケースも多いのですが、地方によってはまだまだ結納金は重要視されていて金額によっては両家のもめ事に発展しかねません。一般的に男性側が女性側に渡す結納金は100万円が相場といわれています。100万円をすんなり払えるのは一部の人に限られるような気がしますがどうでしょうか。一方、女性側は男性側に結納金の約半額の商品、たとえば高級腕時計などをプレゼントするのが一般的です。

以上が結婚するにあたって必要となるお金の内訳ですが、この中にはブライダルローンで賄えないものもあります。挙式費用、新婚旅行費用、新居の費用、指輪の購入費などはブライダルローンの使い道として認められているのですが残念ながら結納金は対象外となっているローンもあります。ではどうしたらいいのでしょうか。キャッシング会社などノンバンク系のフリーローンは使い道を制限していません。審査も通りやすく、すぐにお金を借りることができます。結納金のお金が用意できない場合はこのフリーローンを利用も検討しましょう。ただし、借入は年収の3割までと決められているので年収が300万円以上ないと100万円の結納金を借入るのは難しかもしれません。

結納金をとても重んじる地域もありますので貯金を崩したり、借入をしたりして恥をかかないようにしましょう。もしお金の目処がたたなければお金を用意できるまで少し結婚を先延ばしにする方がトラブルを回避できるかもしれません。