ブライダルローン

やっと結婚できます!ブライダルローンで結婚の費用を用意できました

私は仕事はまじめでしたが、お金を貯めるという事が無く自分の好きなようにだらだらと生活を続けていました。将来計画などまともに考えたことも有りませんでした。したがって給料を振り込んでもらう普通預金口座は持っていましたが、その他は定期預金口座すら持っていませんでした。要するに貯金は一切無かったわけです。若かったので何を心配する訳でもも無く、何に使ったかも良く分からないうちにお金はいつのまにか無くなっていきました。

しかしここで困ったことが起こったのです。休みの日に実家に帰えり、偶然近所の幼馴染の女の子に再会しました。それまで特別な感情を持っているわけではなかったのですが、双方とも大人になってどうも意識するようになってしまい、帰る頃には再会を約束するようになって、結局その後結婚を考えるようになりました。しかし結婚するにはお金がかかります。しかも私の実家付近は結婚式が派手で挙げないわけにもいかず、貯金の無い私には大変まずい状況になってしまいました。

彼女も私がこれ程お金が無いとは思いませんから、結婚式、新婚旅行と夢を広げていきます。しかし無いものは無いので、正直にその話をするとじゃあどうするのかと詰め寄られ、少し待ってと言って話がだんだん先延ばしになっていき、一時は別れようかと言う話にもなりました。それでも結局別れることにはならず、2人でお金を溜めようと頑張っていました。この頃は生活自体は充実していてお金の事さえ考えなければ楽しかったように記憶しています。

しかし、残念ながら貯金を始めたからと言ってそう簡単に貯まる訳はありません。しかも低金利の時代で沢山の利息が付くこともありません。2人で顔を突き合わせてため息をつくのが関の山でした。この頃は貯蓄以外に有利な金融商品は無いかと言うことでいろいろ調べたりもしましたが、そもそも元手となるお金が殆どない状態ですから、いくら調べても良いものが見つかる訳が有りません。結局はしばらく貯金をするしかないという結論しか出ませんでした。

そのうちにだんだん2人とも落ち込むようになり、逢う度に暗い表情にならざるを得なくなりました。そこでいつも励まし合って終わるのですが、そろそろそういうパターンにも限界が近づいてきていることを感じ、また別れて住むのも辛くなりはじめていました。多少の貯金が出来たのでこれでできる範囲で結婚の準備をするか、あとは借金をしてでもはやく式を挙げたいと思うようになっていました。そこで双方の実家にも相談しに行きましたが、実家は近所ですから双方と言っても両家顔を突き合わせての相談になりました。

双方の実家とも地域の慣例で結婚式はそれなりに派手に行わなければならないが、もちろん援助はすると約束してくれました、しかし計算して見るとどうしても100万円ほどは借金が必要でした。あとはもう借り入れをするしか方法は見当たりませんので、まずは相談して見ようということになり、幸い父が連帯保証人を引き受けてくれるということで審査は問題なく進むと考えて収入証明などを用意してさっそく銀行に相談しに行くことになりました。

しかし銀行にはもっと良いローンが用意されていました。それがブライダルローンです。ブライダルローンは利用目的が結婚に関係のある事だけに限定されている目的別ローンということで金利が当初予定のフリーローンよりも有利だと言う事でした。もちろんこちらも利用するのは結婚に関連したことだけでしたから、すぐにそっちにしようと言うことになり、申込をしてみました。ただしフリーローンよりも審査が厳しくなるらしく内心ちょっとビビっていました。

幸いすぐに審査は通りめでたくブライダルローンの借り入れが出来ることになりました。それから急いで結婚の準備を進めることになり、毎週土日には空き時間が無いほど忙しい日々を送りました。派手な結婚式はそれなりの準備も必要になりはっきりいていまでもそんな必要が有ったのかどうかはなはなだ疑問ですが、習慣を無視することも出来ず、しかも2人ともご近所と言うことで、大変な時間と労力をかけて準備を進めることになりました。

こうして順調に準備が進んで、結婚式を迎えることになりました。かなりの派手婚でしたが、両家の支援も有って借入は当初の見積もり通り100万円弱で済みました。これから頑張って2人でしっかりと返済していきます。またいろいろと相談にのってくれた銀行の担当者にも感謝でいっぱいです。またこれからはいざと言う時のためにもうこれまでのような計画性の無いお金の使い方は止めて、限られた収入の中から返済とは別に多少は貯蓄も行っていきたいと考えています。

最初から借金して結婚生活を始めると言うことになってしまいましたが、やはり思い立ったらなるべく早いうちに結婚してしまった方が正解だと思っています。自分だけでも返済が大変なのに、もう一人増えたらもっと大変なんじゃないのと考える場合もありますが、結婚して身に染みているのは、自分だけであれこれ考えるよりも2人でいろいろ知恵を絞った方がずっと良い考えが出てくるものです。私はブライダルローンを利用し早く結婚できて本当によかったと思っています。

借入したいけど未成年でも大丈夫?キャッシングに年齢制限はある?

以前はキャッシングというとサラリーマンなどの中高年層の利用者が多いと言われていましたが、現在では若者から高齢者まで利用者は広がっています。不景気の影響もあって、日々お金が足りないと感じている人も大勢いるでしょう。また冠婚葬祭などの行事があればそのたびにまとまったお金が必要となります。どうしてもお金が必要なときに借りることのできる友人や親族がいればいいのですが難しいかもしれません。そんなときに助けてくれるのがキャッシングです。

キャッシング初心者にとってはキャッシングと聞いてもわからないことだらけかもしれません。キャッシングのシステムや手続きの方法などよくわからないという人もいるでしょう。しかし、手続き以前に知っておかなかればならないのが年齢制限です。キャッシングは一体何歳から利用できるのでしょうか。最近では学生が学費を賄うためにローンを組んだり、生活費や社交費が足りなくて借入をしたりすることがあります。しかし、基本的に未成年は借入できません。過去には未成年に貸付をしていた会社もあるのですが、未成年には責任能力や返済能力がないのに貸付を行うのは違法だという両親の訴えなどがあり、現在では未成年に対する貸し付けを行う会社はありません。年齢が問題という以前に返済能力がない相手に貸付をしても回収できる見込みがないので審査に通らないというわけです。ただし、未成年でも親が保証人になれば借入は可能です。

高齢者の借入は難しい?!

一方で高齢者への貸し付けはどうでしょうか。一般的にキャッシング会社は65歳までという制限を設けています。というのも、高齢者は病気などで死亡する可能性が高く、未回収という事態を防ぐために貸付には慎重なのです。また高齢者は再就職が難しく、年金で生活している人が多いため返済が苦しくなるケースが多いのです。不動産などの資産を持っている場合、それを担保に借入することもできますが、高齢者の場合は借入よりも不動産を売却して必要なお金を工面する方が現実的だと思います。

中には高齢者が一人で窓口に借入の申し込みに来るケースも少なくないのですが、あとから親族が手続きの撤回を求めてやってきます。痴ほう症などの病気を患っていて意思確認が十分にできないと訴える人もいるのです。このため65歳以上の高齢者の借入審査は難しくなっています。

審査が通らないと嘆いているあなた!ローンの審査基準を徹底チェック

不景気の影響もあってか利用者が増加しているキャッシング。現在ではキャッシングを知らない人はいないというほどその存在は私たちの生活に浸透しています。以前はキャッシングというと一部の人のみ利用しているというイメージがありましたが現在では若者から高齢者まで年齢層は広がっています。キャッシングを利用したいけど躊躇しているという人の数はさらに多いと思われます。そんな人たちが一番気にしているのはやはりキャッシング審査です。審査に通らないかもしれないという不安があって迷っているケースが多いのです。

インターネットの普及によりキャッシングの申し込みはとても簡単にできるようになりました。自宅にいながらキャッシング会社の申し込みフォームに記入して送信するだけで申し込みは完了です。すぐに審査が行われ問題がなければ身分証明書などの必要書類の画像をメールで送り、契約成立です。専用のATMでお金を引き出すこともできますし、口座を指定して振込してもらうこともできます。

キャッシングの審査ですが金融機関のローン審査などに比べると比較的審査に通りやすいと言えます。というのも、銀行などの金融機関は資本が大規模のため金利を低く設定することができます。その分、借入条件が厳しく誰でも気軽に借入できるというわけではありません。一方ノンバンク系のキャッシングは金利が高い分、審査に通りやすく年収やクレジット事故などの問題がなければ融資を受けることができます。

審査ではここを見る!

キャッシング審査ではおもに年収、勤務先、勤続年数、借入歴をチェックします。年収が低くてもきちんと定職につき安定した収入があれば問題ありません。ただ、現在の法律では借入限度額は年収の1/3までと制限されているので年収が低ければ借入額も低くなります。勤務先はもちろん公務員や大手企業であるにこしたことはありませんが、中小企業やアルバイトでもきちんと勤務していれば借入は可能です。勤続年数はできれば3年以上は欲しいところですが、諸事情により転職したばかりでも相談にのってくれるケースもあります。ただし、職を転々としていたり、無職の時期が長かったりすると本当に返済能力があるのか信用されないケースもあります。最後にクレジット事故とはローンの未払い、延滞、自己破産、任意整理などを指します。借入歴に問題があると借入は非常に難しくなります。お金を返さない人と判断されれば審査に通りません。

不動産投資で大家さんになろう!人気のアパートローンとは?

住宅ローンが一段落ついたら老後の生活について考えるようになる人もいるでしょう。年金だけではなんだか不安と感じるのも不思議ではありません。そんな人々が興味を持っているのがアパート経営、賃貸経営などの不動産投資です。不動産投資なんてなんだか難しそうと考える人もいると思いますが、最近ではその人気を受けて多くの金融機関がアパートローンなどを取り扱っています。

アパート経営とはどのような仕組みになっているのでしょうか。まず経営するアパートを建設する土地を探す必要があります。アパート経営に乗り出す人の多くはすでに土地だけ持っているとか、親族の土地が空いているなどというケースが多いのです。もちろん土地も建物もなにもかも一から探す人もいます。ただし、アパート経営にはその立地や家賃設定などがとても重要になります。アパート経営を専門にしている不動産会社や金融機関の担当者に相談することが必要です。素人が突然適当な場所にアパートを建てても、満室にするのは難しいからです。

アパートローンの特徴

取得するアパートが決まったらアパートローンを組むことになります。ローンの条件は金融機関によって異なります。一つ注意したいのは同じ住宅でも住宅ローンを利用することはできないということです。住宅ローンはあくまでも自分あるいは家族が住むことが条件となっているローンです。そのためアパートローンは住宅ローン減税などの優遇措置はありません。アパートローンを組むためには審査をクリアする必要があります。借入額などは担保になる物件の価値によって決まります。借入の際には借入先の金融機関を抵当権者として抵当権を設定する必要があります。また火災保険などの保険をはじめ、生命保険にも加入する必要があります。ここでいう生命保険とは団体信用生命保険のことで万が一契約者がローンを支払えなくなったときにはローン会社が支払いを行います。この保険の契約者は金融機関となります。また保険料は金利に上乗せされるかたちになります。

多くの金融機関がアパートローンを販売していますのでまずはインターネットで金利などをチェックしましょう。借入条件などの詳細を確認することも大切です。

結婚したいけど貯金がない!ブライダルローンは強い味方

みなさんどれくらい貯金がありますか。いきなりこんな質問をされてさらっと数百万の貯金がありますと答えられる人は少ないと思います。年齢や既婚未婚によっても貯金の額は異なると思いますが、自慢できるほどの金額を貯金している人はどれくらいいるでしょうか。もちろん学生時代からアルバイトに精を出し、就職してからも無駄遣いをしないでがっつり貯金できている人もいますが、多くの人は生活費、社交費、食費、趣味の費用などに湯水のように給料が消えていくのが現実だと思います。貯めたお金はどんなときに必要になるのでしょうか。どんなときに活用できるのでしょうか。

まずお金が必要になるのは結婚式です。結婚式は想像していた以上にお金がかかると驚く人が多いのです。式場や披露宴会場、引き出物、演出、花束、食事などお金のかかることばかりです。100%納得のいく式を行おうと思ったら貯金がいくらあっても足りません。結婚式の後には新婚旅行があり、憧れのヨーロッパやアジアンビーチなどせっかくの甘い時間にけちけちしたくないものです。また地域によっては結納金が必要となることもありますので本当にまとまったお金が用意できないと結婚できません。今まで貯めてきた貯金を利用すればどうにかなると思っていたけれど全然足りない!そう嘆いている人は思い切ってブライダルローンんを利用してみませんか。

ブライダルローンのここが魅力!

ブライダルローンは比較的新しいローンですが最近では利用する人が増えています。金融機関からローン会社まで様々なブライダルローンを取り扱っていて金利や審査基準なども借入先によって異なります。ローン一般に言えることですがやはり金利が低いローンほど審査が厳しくなります。年収が300万円以上ないといけない、他にローンが残っていてはいけない、勤続年数が3年以上じゃなければいけないなど厳しい条件がつきつけられます。しかし、その分ブライダルローンは挙式や新婚旅行以外の用途にも利用できるというメリットがあります。たとえば新居への引っ越し費用、敷金礼金、家具や指輪の購入費用にもあてることができます。

もしある程度まとまったお金を貯金しているのであれば結婚資金として全て使ってしまうのはあまりおすすめできません。というのも、結婚後の生活にはいろいろお金が必要です。子供が生まれればなおさらです。できればまとまったお金は手元に残しておきましょう。たとえば半分は結婚資金として利用し残りはブライダルローンを利用しましょう。もし結婚後お金が足りなくて別の借入をすることになれば2重ローンということになります。ローンが多いと返済が多くなり、毎月の生活が窮屈になってしまうので注意してください。

早期完済で無駄な金利を減らそう!早くローンを払い終える方法

住宅ローンや車のローン、ブライダルローンに海外旅行ローン、最近ではローンの種類も豊富で一度もローンを利用したことがない人の方が珍しいくらいです。利用したと意識しなくてもクレジットカードのキャッシング枠などもローンの一種です。最近では借金をしているという意識を持たず手軽に借入できるローンが増えています。しかし、ローンを組めば必ず待っているのは返済です。きちんとした返済計画を立てないまま借入をすると返済が滞り多重債務に陥るなどのリスクがあります。またローンは知ってのとおりできるだけ早めに返済する方がお得です。お金を借りるときには必ず金利が付きますので返済期間が長くなれば金利を多く支払うことになります。早期完済を実現するためにはどうすればいいのでしょうか。

ローンを利用する場合、毎月の返済額と返済期間が決められています。たとえば住宅ローンの場合は毎月決められた額を30年近い間払い続けることになります。また年に2回のボーナス時には設定した金額を毎月の返済とは別に支払うことになります。しかし、この通常の返済とは別に繰り上げ返済というのがあるのをご存じでしょうか。繰り上げ返済とは経済的に余裕のあるときにある分だけ返済できるという仕組みになっています。しかし、最初の契約時に繰り上げ返済についての規定が決められているはずです。繰り上げ返済を行う際には別途繰り上げ返済手数料が必要となる場合もありますので確認してください。またキャッシングなどの少額のローンの場合はとくに手数料は支払わずに繰り上げ返済できる場合が多いでしょう。

繰り上げ返済のために節約生活をしてみよう!

早期完済を実現するためには節約して繰り上げ返済をするのがベストですが、繰り上げ返済のための節約が案外難しかったりします。インターネットで検索すると様々な節約方法を見つけることができます。私がびっくりしたのは30年ローンを9年で返済したという驚異の節約生活を記したブログ。節約主婦のブログは数多くあり、ちょっとのぞいてみるのも面白いかもしれません。また子育てが一段落ついたので今まで専業主婦だった妻が収入を得るようになり、多めに返済できるようになったというケースもあります。また親からの援助などで繰り上げ返済する人もいますが親から援助を受ける場合、贈与税などがかかることもありますので注意してください。

とにかく年金生活になる前に住宅ローンなどは返済しておくようにしましょう。

キャッシングの借入条件をチェックしよう!借入審査はここをみる!

人生には急にお金が必要になることが多くありますが、そんなときどうやってお金を用意すればいいのでしょうか。結婚資金や出産費用、冠婚葬祭など人生のイベントは盛りだくさんです。とくに結婚式は人生の一大イベント。自分たちのためだけではなく、友人や親族に紹介、感謝の気持ちを伝える意味もあります。そんな大切な結婚式をお金がないという理由で諦めなければならないのはあまりにも悲しくないでしょうか。そんな人のために最近多く利用されているのがブライダルローンです。

ブライダルローンという言葉を初めて聞く人もいると思います。最近は住宅ローンや車のローンの他にもブライダルローンや海外旅行ローンなどのレアな商品が多く販売されています。多くの金融機関がブライダルローンを取り扱っていますが、ブライダルローンの借入条件は商品によって異なります。大手損保会社の人気のブライダルローンでは年収が300万円以上という厳しい条件があります。また正社員であること、勤続年数が長いこと、他に借入がないことが条件となっています。

条件の厳しいブライダルローンですが、様々なメリットがあります。まず金利が低いことです。人気のブライダルローンの金利は2%台から8%台で大変お得です。また結婚式や新婚旅行の費用以外にも新居への引っ越し代、敷金礼金、指輪の購入費用にも利用することができます。ただし、金利が低いほど審査は厳しくなる傾向があります。審査に通る自信のない人はノンバンク系キャッシング会社のフリーローンも検討してみてください。

審査に自信がないならフリーローンを!

フリーローンは目的を制限しないローンです。もちろん結婚資金に利用することもできます。審査も通りやすく審査に通ればその日のうちに借入も可能です。フリーローンの審査は厳しくありませんが、年収、勤務先、勤続年数、他社からの借入をチェックされます。年収が低くても毎月定期的な収入があれば借入は可能です。勤務先が大手企業でなくも問題ありません。勤続年数は長い方が勤勉と見なされるようですが、最近では転職によりステップアップする人もいますので勤続年数が短くてもその理由をきちんと説明すれば借入できる可能性は高くなります。

このように借入の条件は借入先の金融機関や金利によって異なります。金利が低かったり、融資の条件がいいほど審査が厳しくなります。フリーローンは借入条件が厳しくないため金利が高めに設定されていますが少額の借入で早めに返済するようにすれば負担は少なくなるでしょう。

生活費に交際費!専業主婦でもお金を借りることができる?!

キャッシング会社からの借入と聞くと利用しているのは大半が中高年のサラリーマンというイメージがありますが、最近では年齢層も広がっています。学生から高齢者まで利用者層は幅広いのですが、最近では主婦にも人気です。主婦はあまりお金を必要としないと誤解している人もいるかもしれませんが、主婦こそお金が必要なのです。生活費、食費、教育費など家族のための出費がかさみます。しかし、不景気の影響で夫の給料は下がる一方、リストラやボーナスカットなど厳しい状況です。問題は主婦でも借入ができるのかということです。

基本的には主婦でも借入はできます。アルバイト、パート、派遣、契約社員など夫の扶養内で働いている人が多いと思いますが、正社員でなくても毎月決まった収入があれば借入はできます。ただし、現在の法律では借入限度額は年収の1/3までと決められているので収入が100万円なら約33万円ほどしか借入できません。ただ主婦の場合、生活費の足しに借入をするわけですから、高額な借入は必要ないはずです。ですので、キャッシング契約をしておいて、必要に応じて少額づつ引き出すのがいいでしょう。

やっぱり収入がないと借入はできない?!
一方で収入のない専業主婦の場合はどうでしょうか。借入できるのでしょうか。残念ながら収入がない専業主婦は借入できません。近年キャッシング会社はできるだけ審査のハードルを低くして貸付を行っていますが商売ですので回収の見込めない相手には貸付を行いません。収入がなければ当然返済は不可能ですから。ただし、専業主婦でも会社員である夫が保証人になれば借入は可能です。しかし、夫の収入では足りなくて借入をする場合、夫が保証人になるというのはあまり意味がないと思います。また専業主婦の中には借入を秘密にしたい人もいると思うので夫が保証人になるというのではあまり気がすすみません。

専業主婦でもどうしてもお金が必要な場合はクレジットカードのキャッシング枠などを利用するのはどうでしょうか。キャッシングカードをお持ちでしたら少額のキャッシング枠がついている場合があります。キャッシング枠は必要なお金を必要な時に引き出すことができ、返済のための引き落としは1ヶ月半以上先になる場合もありますので便利です。

賃貸で儲けたい!アパートローンで大家さんになろう

最近アパート経営に興味を持つ人が増え始めました。老後の蓄えになればと考える人が多くなり、アパート経営を支援するために金融機関でもアパートローンなどと呼ばれる専門のローンを取り扱っています。アパートローンは住宅ローンとは異なります。住宅ローンには住宅ローン減税や低金利など優遇されていますが、条件として契約者またはその家族が居住する必要があります。アパートローンの場合はあくまでも賃貸用ですので、不動産投資と考えてください。

アパートローンはこんなローン!

アパートローンの借入条件は金融機関によって異なりますが、某大手銀行の場合を見てみましょう。アパートローンを利用できるのは賃貸用のアパート、マンションの建設費、購入費、リフォーム費用です。借入可能額は担保となる物件の価値によって決まります。借入期間は最長で35年、金利は変動型金利と固定型金利を選ぶことができます。またその他の条件としては融資を受ける銀行を抵当権者として抵当権を設定しなければならず、また火災保険などへの加入も義務付けられています。その他にも住宅ローン同様に団体信用生命保険の加入を求められます。生命保険に加入することにより契約者が死亡するなどした場合に保険により残りのローンが支払われます。金融機関が未回収を防ぐための処置です。保険料は金利に上乗せされることになります。また1名以上の連帯保証人が必要となります。

住宅ローン同様に注意しなければならないのが諸費用です。ローンを組む場合、実際の借入額プラス諸費用が必要となります。たとえばローン取扱手数料として10万円近い出費が必要です。そのほかにも返済条件の変更をしたり、繰り上げ返済をする場合には所定の手数料を支払わなければなりません。また繰り上げ返済に関してですが、契約内容によっては繰り上げ返済ができない場合もありますので事前に確認しましょう。

流行りのアパート経営ですが誰もが成功するとは限りません。空室が多くなれば毎月のローンの返済が難しくなることも考えられます。取得する物件の立地や家賃など不動産に関する知識の豊富な専門家に相談し、きちんとした経営計画を立てましょう。土地を購入し、アパートを建設する場合は資金が多く必要となりますので、もし利用していない土地をお持ちでしたらそちらを活用してアパート経営に乗り出すほうがいいですね。

頭金なしでもローンが組める?!人気の借入先をチェックしよう

無事結婚式を終えた後に手に入れたいのがマイホーム。マイホームを購入するためには資金が必要です。マイホームは一生ものの買い物ですので、物件探しやローン選びなどを慎重に行わなければなりません。マイホームを購入するのに最も重要となるのが頭金です。頭金の額が多いほどローンの返済が楽になりますし、審査にも通りやすくなります。就職してから地道に貯金していればいいのですが、なかなか難しいでしょう。結婚相手とお互いの貯金を持ち寄って頭金にするのが理想ですが、結婚費用や出産費用ですでに底をついてしまっている人もいるかもしれません。

親から資金援助を受けたい!どうする?

最近では親世代が多く資産を持っていることが多く、マイホームの頭金援助をしてくれケースも珍しくありません。しかし、気をつけなければならないのは親から資金援助を受けた場合、税金がかかるということです。親から援助を受ける場合、110万円までは非課税ですがそれ以上になると贈与税がかかります。一般的に親から援助を受ける場合は500万円以上というケースが多く、税金問題は切実です。どうすればいいのでしょうか。

親から援助を受ける場合、もらうのではなく、借りるということにしてみてはどうでしょうか。しかし、親子間の融資の場合は、融資というのは名ばかりで返済についてもいつでもいいよと言われるケースが多いと思います。しかし、それでは正式な融資としてはみなされません。また融資の場合には必ず金利が必要です。正式な書類を作成し、親であっても毎月きちんと支払いをしましょう。

頭金が十分に用意できずローンが不安な人は購入する家を親と共同名義にすることもできます。そうすれば住宅の購入費用の半分あるいは何割かを親の名義で購入することができます。この場合、家族ですので必ずしも親が同居する必要はありません。たとえば3000万円の家を購入するのに親が1000万円の資金援助をしてくれるなら1000万円分を親の財産とし、残りを自分たちでローン契約します。このような計らいでどれだけローンの返済が楽になることでしょう。

一般的にローンの支払いは30年近く続くことが多いのですが、頭金を多めに用意したり、親の援助を受けることで毎月の返済額は減りますし、返済期間も短くなります。もちろん支払う金利の総額もぐっと安くなります。ファイナンシャルプランナーや金融機関の窓口に相談して自分たちにとってどうするのが一番いいか考えましょう。

ローンの早期返済はやっぱりお得?繰上げ返済のメリットデメリット!

結婚して、子供ができたら、今度はマイホーム購入へまっしぐらです。わが国ではマイホーム購入を推進していますので、住宅ローン減税や低金利など利用者にとってお得な条件でローンを組むことができます。しかし、家の購入は決して安い買い物ではありません。多くの人が30年近い期間ローンを支払い続けています。ローンを組めば必ず金利を支払う必要があります。なるべく早く返済した方が支払う金利が少なくてすむというので繰上げ返済をする人が増えていますが、繰上げ返済のメリットデメリットをみてみましょう。

繰上げ返済とは毎月の返済の他にお金に余裕があるときにまとまった金額を支払うことです。毎月の返済額は元金と金利の両方の返済にあてられていますが、繰上げ返済の場合全額を元金にあてることができます。ただし、ローンを組む際に金融機関と取り交わした契約内容を確認してみてください。繰上げ返済ができなかったり、あるいは繰上げ返済をする場合に手数料を支払わなければならないことがあります。

繰上げ返済をする場合、返済期間を短くする方法と毎月の返済額を減らす方法があります。どちらを選ぶかはあなたの経済状況や将来のお金についての考え方によります。とにかく借金があるのがいや!早く返済してしまいたいと考える人は返済期間を短くするのがいいでしょう。また早めに元金を減らすことができすので返済総額は毎月の返済額を減らす方法よりも少なくなります。一方で毎月のローンの返済が厳しい、ゆとりのある生活がしたいと考える人は毎月の返済額を減らしましょう。子供がまだ小さいとなにかとお金がかかるものです。

繰上げ返済のここに注意!

繰上げ返済は確かにお得ですが、誰にでもおすすめするわけではありません。繰上げ返済をするためにはある程度まとまったお金が必要ですから貯金がなくなるということになります。人生はなにが起こるかわかりませんのである程度のお金は手元に置いておきたいものです。余分なお金が多くあるなら繰上げ返済はおすすめですが、生活を切り詰めて無理して繰上げ返済をすると窮屈な生活を強いられることになります。生活が苦しくて別のローンを組まなければならなくなったら意味がありません。返済は常に計画的に行うようにしましょう。